流通科学大学現代視覚文化研究会のブログです。

ホームページはこちらhttp://genshiken.ddo.jp/

2013年11月07日

流行祭2013と今後

どうも初めまして、昨日づけで新会長に就任したバヤシです。
今回は会長に就任したことで今回の流行祭の簡易的な報告と皆様のあいさつをするために書かせていただいてます。


今年の流行祭も二棟を我が団体が占拠させていただき、それぞれにコスプレキャンパス、教室展示、子供も楽しめる体験コーナーとゲーム大会に中庭にジュース販売として模擬店を出店という色とりどりの内容を展開していました。



まずはコスプレキャンパス。
コスプレキャンパスは常連の方含め、多くの方々が来られていて、なんと去年の約倍以上の方たちが来られました。
なにより今回多くの来場のきっかけとなったのが子供用衣装を多く取り揃えていたことです。実際に今回は子供が約半数を占めていたように思われます。また撮影室にも小道具を取り揃えていて、覗かれた方が多くいました。


お次に教室展示。
教室展示は今回、いかようにして見に来られた方が見やすいか、入りやすい雰囲気を作り出すことを重点的に力を入れていました。今回見に来られた方は知ってる通り、タワーを設置し、平面上から波形の状態になっていて、見上げたりする方もいたのでは?


そして子供も楽しめる体験コーナー。
今回はオープンキャンパスの時に実施したタンブラー制作や学園都市夏祭りの時に毎回実施している塗り絵を一教室で行いました。今回、このコーナーはわりかとぎりぎりな状況のもと急ピッチで用意したのですが、親子連れの方などに反響があったみたいです。


そしてゲーム大会。
今回のゲーム大会はなんと1階と2階で別のゲームを行いました。1階は1日目はスマブラのDX、2日目はスマブラXです。2階では1日目はジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル、2日目はP4Uを行いました。スマブラは去年も行ったため、人が多かったようです。また大会終了後から流行祭終了までにフリープレイの時間を設けており、子供から大人までとても楽しんでもらえていました。

ここでゲーム大会最中の一枚を

写真.JPG



今回の流行祭もゲストを呼んだりして人が多く来ていて、また出店も豊富に出そろっていました。我が団体のジュース販売もそこそこ売れたみたいです。当日に雨が降っていたので降っていなかったらもう少し売れていたのでは?とちょっと悔やむところもありますね。



いろいろと反省点もありますが、なんとか無事に今年の流行祭を終えることが出来ました。
今回も部員の皆、来場者の方々、職員の人たちに実行委員の人たちの協力のもとに成り立っています。
今回反省すべき点は我々次期役員が踏まえ、よりよいものにしていきます。

今回、企画もろもろをメインで行った先輩たちに自分が続いていけるかどうかはいささか不安ですが、
皆さんに見てもらえるような作品作り、いろんな活動をしていきますので
どうかよろしくお願いいたします。
それではまた今度、ノシ


posted by UMDS現視研 at 23:33| Comment(0) | ゲーム大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする